「フェイス・トゥ・フェイス」に共感 フォーデックのホームページに記載されている、地域密着型の営業と、「フェイス・トゥ・フェイス」を信条としている点に共感しました。
どんな時でもやはり最後は人と人の関係が決め手となると思いますし、自分も、1人の人間として認められ、選ばれるようになりたいと思っています。
会社訪問をした際に、社内に活気があふれていたことも、入社したいと思ったきっかけです。

色々な物を見て吸収したい 入社してすぐのことですが、上司や先輩が担当する色々な販売店へ同行させてもらったことがあります。
自分が担当する店舗ではないので、その時はあまり深く考えず、ただ同行していましたが、様々なお店を見て雰囲気を知っているというだけでも、自分の経験値になります。
他店で見た陳列のアイデアを、担当店舗で生かすこともありました。 今では同行の機会はほとんどありませんが、普段から色々な物を見て、経験として吸収したいと考えています。

早めの対応を心がける 担当販売店の方から、自分の至らなさについてご指摘を受けたことがあります。
販売店やメーカーに対して、あまり細かな連絡を行ってなかったのですが、その結果、納期や見積もりの返答などでトラブルが起きてしまいました。たとえきちんとした返答ができる段階ではないとしても、その状況をお伝えすることが大切だということが分かっていなかったんですね。
途中経過でもいいから早めの対応をすること、お客様に不安を感じさせないことを心掛けるようになって、お客様の方から声をかけてもらえる機会も増えたように思います。